懐かしいおもちゃコレクション

おもちゃの歴史と変遷

現在、「おもちゃ」と呼ばれているものには、実はとても古い歴史があります。ブリキ製の金属玩具が輸入され始めたのが、明治の初期です。その後、トランプや教育玩具、将棋などが発売されて行きました。誰もが一度は遊んだことがあるベーゴマやめんこは、大正時代に流行します。手に入りやすく、近所の駄菓子屋などでも購入できたのが人気の理由です。また、駄菓子屋が広場に子どもたちを集めて紙芝居を見せるようになったのは、昭和の初め頃です。女の子の大好きな人形が発売されるようになったのは、そのすぐ後になります。

展示コレクションに行こう

駄菓子屋が特別なものではなくなると、おもちゃ屋が登場します。その場は、次々と発売される商品のコレクション展示でもありました。身近でコレクションを見られるとあって、子どもはおもちゃ屋に夢中になるのです。テストで成績が上がったときや一番を取ったとき、ご褒美をもらったという経験を持っている方は多いでしょう。それらの歴史を見ることができるのが、展示コレクションです。ブリキ製の輸入玩具から人形、めんこやボードゲームまでたくさんの種類が一度に見られます。

交流も盛んに行われています

珍しいものでは、海外製のめんこや機関銃、パチンコやタンクなども見ることができます。展示会は様々な場所で開催されていますので、興味がある方はぜひ一度調べてみて下さい。いわゆるコレクターと呼ばれるマニアの方は、日本だけではなく海外にも存在します。写真付きの書籍もたくさん発売されていますし、ブログで発信している方もいます。同じ趣味の方とサークルを作って展示会を開くなど、交流も盛んです。世界が広がる趣味でもありますから、年代を問わず人気となっています。

フィギュアの買取は、いらなくなったフィギュアをお店に買い取ってもらうことです。プレミアがついたフィギアは、高値で取引されます。

Separator image